Lilly.wizard

RSS

WorldEdit コマンド一覧日本語版 Ver2

Minecraft MOD、WorldEditのコマンド一覧日本語版です。
公式コマンド一覧はこちら(en)

目次

はじめに
WorldEditについて
コマンド一覧について
コマンドの表記について
オプションの表記について
"ブロック"オプションについて
"方角"オプションについて
コマンド一覧
History - 履歴
Selection - 選択
Region operations - 領域操作
Clipboard - クリップボード
Generation - 生成
Utilities - ユーティリティ
Chunk tools - チャンクツール
Super pickaxe - スーパーピッケル
Tools - ツール
Brushes - ブラシ
Getting around - 移動
Snapshots - スナップショット
Scripting - スクリプト
General commands - 一般コマンド
付録
ブロックデータ値
看板
スポーンブロック
音ブロック
ブロックパターン
雑記

はじめに

この一覧は技術者ではない一般人が個人的に作成したものです。
当然ながら内容の信憑性は保証出来ませんし、公式コマンド一覧の”和訳”でもありません。
あくまでも参考資料の一つとしてご利用下さい。

WorldEditについて

Minecraft内で動作する非常に高度なマップエディタです。
シングル版はSingle Player Commandsに同梱、マルチ版(bukkit)はこちらです。

コマンド一覧について

グレーアウトされたコマンドは自分が理解していない・動作確認が出来ないコマンドです。
また、比較的重要だと思われるコマンドにはをつけています。

コマンドの表記について

コマンド <オプション>
コマンドの説明
<オプション> - オプションの説明
例)コマンド例 #例の説明

オプションの表記について

英語小文字 そのまま入力
表記例)//sel <cuboid>
入力例)//sel cuboid

日本語・英語大文字 状況に合わせて入力
表記例)//set <ブロック>
入力例)//set glass
<A> 必ず必要
[A] 任意で利用
<A|B> A,Bどちらかが必要
[A|B] 任意でA,Bどちらかを利用

“ブロック”オプションについて

ブロック名又はブロックIDで指定できます。

ブロック名
基本的にゲーム内のアイテム名ですが、一部例外があります。
Toolsの/infoコマンド、又はGeneral commandsの/searchコマンド等で調べられます。
例)//set sandstone

ブロックID
例)//set 24
こちらを参照してください(en)

“0”及び“air”は空気、つまりブロックの無い状態を意味します。
例)//set 0

またブロックパターンによる複数のブロック指定も可能です。

“方角”オプションについて

F3画面の「f: 」で確認できる数値が方角です。
0:W(西)、1:N(北)、2:E(東)、3:S(南)
0:W(東)、1:N(北)、2:E(西)、3:S(南)
シモン様より訂正頂きました。 ※言い訳:0=地図上=東だと思い込んでいたんです・・・
またUが上方向、Dが下方向で、これらのW,N,E,S,U,Dを利用し指定します。
省略した場合は上下以外の前方方角として扱われます。
例)//move 2 N
例)//expand 5 D

コマンド一覧

//limit <ブロック数>
一度に扱えるブロックの最大数を制限します。
事故を防ぐため必ず設定してください。
制限を解除する場合は-1を指定します。
例)//limit 10000 #10000に制限


History - 履歴

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Features#History

//undo [戻す回数]
1つ前の変更を取り消します。

//redo [戻す回数]
1つ前の//undoを取り消します。

/clearhistory
//undo及び//redoに利用する操作履歴を削除します。


Selection - 選択

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Selection

//wand
範囲選択に使用する木の斧を取り出します。
左クリックで//hpos1、右クリックで//hpos2に相当。

/toggleeditwand
//wandの有効/無効を切り替えます。

//sel <cuboid|poly>
範囲指定に使用する方式を切り替えます。

//pos1
現在位置を選択範囲の起点に指定します。

//pos2
現在位置を選択範囲の終点に指定します。

//hpos1
選択しているブロックを選択範囲の起点に指定します。
//wandの左クリックに相当。

//hpos2
選択しているブロックを選択範囲の終点に指定します。
//wandの右クリックに相当。

//chunk
現在位置のchunkにあるブロックを全て選択範囲に指定します。
chunk本体ではなくブロックを選択していることに注意してください。

//expand <マス数> [方角] [逆方向へのマス数]
選択範囲を拡張します。
例)//expand 10 #前方に10マス拡大
例)//expand D 5 #下に5マス拡大
例)//expand 4 7 #前方に4マス 後方に7マス拡大

//contract <マス数> [方角] [逆方向へのマス数]
選択範囲を縮小します。
例)//contract N 5 #北側を5マス縮小

//outset <マス数>
選択範囲を外側へ拡張します。

//inset <マス数>
選択範囲を内側へ縮小します。

//shift <マス数> [方角]
選択範囲を移動します。
ブロック操作は行いません。
例)//shift 5 U #上へ5マス移動

//size
選択範囲の情報を表示します。

//count <ブロック>
選択範囲内にある指定したブロックを数えます。

//distr
選択範囲内のブロック内訳を表示します。


Region operations - 領域操作

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Region_operations

//set <ブロック>
選択範囲内を指定したブロックに置換します。
例)//set dirt #土ブロックに置換
例)//set 0 #ブロックを削除

//replace [元のブロック] <ブロック>
選択範囲内の[元のブロック]を指定したブロックに置換します。
[元のブロック]を省略した場合、空気以外の全てのブロックが置換されます。
例)//replace grass sand #草ブロックを砂に置換

//overlay <ブロック>
選択範囲内のブロックの上に、指定したブロックを一層積み重ねます。

//walls <ブロック>
選択範囲内に指定したブロックで壁を作ります。

//outline <ブロック>
選択範囲内に指定したブロックで箱を作ります。

//smooth [回数]
選択範囲内をなめらかにします。
大規模な自然整地等に使用します。

//regen
選択範囲を再生成します。
bukkit版のみで動作。

//move <マス数> [方角]
選択範囲内のブロックを移動します。
例)//move 12 U #上に12マス移動

//stack <回数> [方角]
選択範囲内のブロックを指定した回数積み重ねます。
例)//stack 6 S #南に6回積み重ねる


Clipboard - クリップボード

かなり癖があります。現在位置を起点とした相対位置で扱われる、ということを常に意識してください。
Utilitiesの/toggleplaceコマンドを利用すると、現在位置ではなく選択範囲を起点とします。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Clipboard

//copy
選択範囲をクリップボードにコピーします。
ブロックの位置は現在位置との相対位置として記録されます。

//cut
選択範囲をクリップボードに切り取ります。
ブロックの位置は現在位置との相対位置として記録されます。

//paste [-a|-o|-ao]
現在位置を起点にクリップボードを貼り付けます。
[-a] - airをコピーしない
[-o] - 現在位置でなくコピー位置を起点とする
[-ao] - 上記2つを同時に指定する

//rotate [角度]
クリップボードを回転させます。

//flip [方向]
クリップボードを反転させます。
自環境では下記エラーにより使用できませんでした。
Please report this error: [See console]
java.lang.NullPointerException: null

//load <ファイル名>
クリップボードをファイルから読み込みます。

//save <ファイル名>
クリップボードをファイルに保存します。
.minecraft\schematics\ 以下の .schematicファイルです。

/clearclipboard
クリップボードを削除します。


Generation - 生成

デフォルトでは現在位置を起点とするため、ブロックに埋まってしまう場合があります。
Utilitiesの/toggleplaceコマンドを利用すると、現在位置ではなく選択範囲を起点とします。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Generation

//hcyl <ブロック> <半径> [高さ]
現在位置を中心に空洞を含む円柱を生成します。
例)//hcyl glass 5 20 #半径5 高さ20 ガラスの円柱を生成

//cyl <ブロック> <半径> [高さ]
現在位置を中心に空洞を含まない円柱を生成します。
*いしのなかにいる*

//hsphere <ブロック> <半径> [yes]
現在位置を中心に空洞を含む球体を生成します。
[yes] - 現在位置を球体の底とする
例)//hsphere glass 12 #半径12 ガラスの球体を生成

//sphere <ブロック> <半径> [yes]
現在位置を中心に空洞を含まない球体を生成します。
[yes] - 現在位置を球体の底とする
*いしのなかにいる*

/forestgen [範囲] [木の種類] [密度0-100]
森林を生成します。
*みつりんのなかにいる*
[木の種類] - こちらを参照してください(en)
例)/forestgen 20 Birch 20 #範囲20 白樺 密度20 森林を生成

/pumpkins [範囲]
かぼちゃを生成します。


Utilities - ユーティリティ

液体を扱った場合//undoが不完全となる場合があります。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Utilities

/toggleplace
起点を現在位置とするか、選択範囲とするか切り替えます。

//fill <ブロック> <半径> [深さ]
穴を埋めます。
液体での利用が想定されています。

//fillr <ブロック> <半径>
半球形で穴を埋めます。
液体での利用が想定されています。
例)//fillr water 12 #半径12 水で埋める

//drain <半径>
接触している液体を吸収します。

/fixwater <半径>
接触している水流を修正します。

/fixlava <半径>
接触している溶岩流を修正します。

/removeabove [範囲] [高さ]
現在位置より上のブロックを全て削除します。

/removebelow [範囲] [高さ]
現在位置より下のブロックを全て削除します。
*ならくのそこにいる*

/replacenear <範囲> <元のブロック> <ブロック>
<元のブロック>を指定したブロックに置換します。

/removenear <範囲> <ブロック>
指定したブロックを削除します。

/snow [半径]
雪を積もらせ、水を凍らせます。
バイオームは変化しません。
例)/snow 20 #半径20で積雪

/thaw [半径]
雪を除雪し、氷を融解させます。
バイオームは変化しません。

//ex [範囲]
消火します。

/butcher [半径]
MOBを削除します。

/remov <種類> <半径>
指定したentitiesを削除します。
bukkit版のみで動作。


Chunk tools - チャンクツール

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Chunk_tools

/chunkinfo
現在位置のチャンク情報を表示します。

/listchunks
選択範囲のチャンク情報を表示します。
b1.3以降のセーブデータに対応していません。

/delchunks
現在位置のチャンクを削除します。
b1.3以降のセーブデータに対応していません。


Super pickaxe - スーパーピッケル

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Super_pickaxe

//
※表記ミスではありません。
“スーパーピッケル”を有効にします。
ピッケルで全てのブロックを一撃で破壊出来ます。

/sp <single>
“スーパーピッケル”を単ブロックモードに指定します。

/sp <area> <範囲>
“スーパーピッケル”を立方体モードに指定します。
同じ種類のブロックのみ破壊されます。

/sp <recur> <範囲>
“スーパーピッケル”を球体モードに指定します。
同じ種類のブロックのみ破壊されます。


Tools - ツール

選択している道具に各種“ツール”を割り当てます。
道具には“ピッケル”や“羽”のように、配置出来ないアイテムが利用できます。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Tools

/none
“ツール”を解除します。

/info
“情報ツール”を指定します。
ブロックの情報を表示します。

/tree [木の種類]
“植林ツール”を指定します。
植林可能な場所に木を植えます。
[木の種類] - こちらを参照してください(en)

//repl <ブロック>
“置換ツール”を指定します。
ブロックを指定したブロックに置換します。

//cycler
“サイクラーツール”を指定します。
羊毛の色等を変更します。


Brushes - ブラシ

選択している道具に“ブラシツール”を割り当てます。
解除にはToolsの/noneコマンドを利用します。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Brushes

//brush sphere [-h] <ブロック> <半径>
“球体ブラシツール”を指定します。
エイリアス/br sが設定されています。
[-h] - 内部を空洞化

//brush cylinder [-h] <ブロック> <半径> [高さ]
“円柱ブラシツール”を指定します。
エイリアス/br cが設定されています。
[-h] - 内部を空洞化

//brush clipboard [-a]
“クリップボードブラシツール”を指定します。
Clipboardの//copyコマンドでコピーされたブロックを貼り付けます。
エイリアス/br copyが設定されています。
[-a] - airをコピーしない

//brush smooth <半径> [回数]
“スムースブラシツール”を指定します。
地形をなめらかにします。
大規模な自然整地等に使用します。
エイリアス/br smoothが設定されています。

/size <大きさ>
“ブラシツール”の大きさを変更します。

//mat <ブロック>
“ブラシツール”のブロックを変更します。

//mask
“マスク”を解除します。

//mask <ブロック>
“マスク”を指定します。
“ブラシツール”に影響されるブロックを制限します。
例)//mask grass #草ブロックのみに影響


Getting around - 移動

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Getting_around

/unstuck
*いしのなかにいる*から脱出します。

/ascend
一つ上の床にワープします。

/descend
一つ下の床にワープします。

/ceil [距離]
天井下にワープします。
足場としてガラスが1ブロック設置されます。

/thru
前方の壁を超えてワープします。
利用できる壁の厚みには制限があります。

/jumpto
選択しているブロックにワープします。
壁を選択した場合、頂上にワープされます。
# コンパスの右クリックで利用できるようですが、自環境では正常な動作を確認できませんでした。

/up [距離]
上にワープします。
足場としてガラスが1ブロック設置されます。


Snapshots - スナップショット

バックアップを取り扱う機能です。
詳細は以下の公式wiki(en)を参照してください。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Snapshots

//restore [snapshot]
//snap use <snapshot>
//snap list [num]
//snap before <date>
//snap after <date>


Scripting - スクリプト

詳細は以下の公式wiki(en)を参照してください。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Scripting

/cs <スクリプト> [オプション]
スクリプトを実行します。

/.s [オプション]
最後に利用したスクリプトを再実行します。

/<ファイル名>.js [オプション]
jsスクリプトを実行します。


General commands - 一般コマンド

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/General_commands

/search <検索ワード>
ブロック名及びIDを検索します。

//worldedit reload
WorldEditの設定ファイルを再読み込みします。

//worldedit version
WorldEditのバージョンを表示します。

//worldedit tz
タイムゾーンを指定します。
用途不明。

付録

ブロックデータ値

一部のブロックにはデータ値が存在し、0~15までの値を指定することが出来ます。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Block_data_syntax#Data_value

例)//set 17:2 #白樺の木に置換
例)//set crops:7 #成長した小麦に置換

羊毛は色による指定も可能です。
例)//set wool:red #赤羊毛に置換

看板

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Block_data_syntax#Sign_text

//set sign:[方向]
方向を指定し看板に置換します。
[方向] - 0~15が指定可 例)//set sign:5 #斜め看板に置換

//set sign|[一行目]|[二行目]|[三行目]|[四行目]
テキストを指定し看板に置換します。スペースは“_”として入力する必要があります。
例)//set sign|<—-|Dirt|Sand|—-> #テキストを指定し看板に置換
例)//set sign:5|home> #テキストを指定し斜め看板に置換
# 自環境では動作を確認できませんでした。

スポーンブロック

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Block_data_syntax#Mob_spawner_mob_type

//set mobspawner|<MOB>
種類を指定しスポーンブロックに置換します。
<MOB> - こちらを参照してください(en)
例)//set mobspawner|Ghast #ガストのスポーンブロックに置換
例)//set mobspawner Ghast #ガストのスポーンブロックに置換
# 自環境では動作を確認できませんでした。

音ブロック

http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Block_data_syntax#Note_block_pitch

//set note|<音程>
音程を指定し音ブロックに置換します。
<音程> - 0~24が指定可
こちらを参照してください(en)
# 自環境では動作を確認できませんでした。

ブロックパターン

複数のブロックを一定の割合で配置する機能です。
各コマンドの“ブロック”オプションにて利用できます。
http://wiki.sk89q.com/wiki/WorldEdit/Block_data_syntax#Patterns

例)//set 5%stone,95%dirt #石5% 土95% で置換
合計が100%になるよう指定します。

例)//set glass,diamondblock #ガラス50% ダイヤブロック50% で置換
割合を指定しなかった場合、等分として扱われます。

例)//overlay 12,1,2,3 #砂25% 石25% 草25% 土25% で一層積み重ねる
複数指定及びID指定も可能です。

雑記

どうも自環境では“|”を扱うコマンドが全滅なようで・・・どこかで根本的な間違いを犯しているのだろうか。

ナニカあれば以下のコメント欄よりお気軽にご連絡ください。

記事更新履歴
2011/08/04 初版
2011/09/06 表記ミス2件修生

blog comments powered by Disqus